服や布団を荷造りするポイントとは

服の荷造り

服や布団を荷造りするポイント

まず、服や布団を荷造りするポイントを見ていきましょう。

小さめのダンボールの中にそれぞれの書籍を、サイズごとに分けて詰めていきます。箱の底が抜けないように、1箱が重くなりすぎないことが大切です。

布団

数枚の布団を重ね、上から布団袋をかぶせます。ワレモノを一緒に入れないように注意してください。

シワになるのを防ぐためには、大きいダンボールがオススメです。オフシーズンの衣類から詰めていきます。
引越し業者の中には、衣装専用のハンガーボックスを用意してくれるところもあるので、事前に確認して活用しましょう。
また、衣装を仕分ける時は、どの引き出しに入っていたのか番号を振ってリストを作っておくと、新居での整理整頓が捗ります。

刃物類

ハサミや包丁類の梱包は厳重に行いましょう。ダンボールを二つ折りにしたもので刃をしっかりとくるみ、抜け落ちないようにガムテープなどで止めましょう。

冷蔵庫・洗濯機・ストーブなど家具家電を荷造りするポイント

次に、服や布団を荷造りするポイントを見ていきましょう。

大型家具

組み立て家具は分解し、部品をひとまとめにしておきます。
引越し作業の中には、分解から行ってくれる場合もありますが、家具によっては分解が必要ない場合もあるため、訪問見積もりの際などに相談してみましょう。

棚類

分解し、部品をひとまとめにしたあと、大きなビニール袋などにいれます。
金具などは紛失防止にテープ等で棚に貼り付けましょう。
食器棚の場合は中の食器を一つずつ梱包し、ダンボールに入れましょう。
大型家具と同様に、分解が必要か、必要な場合は自分自身で行うべきかを、事前に引越し業者へ確認しておくことをオススメします。

タンス

運搬中に引き出しや扉が飛び出さないよう、ガムテープなどで固定します。中の衣類は、引越し業者によってはそのままでも良い場合があるため事前に確認しましょう。

テレビ・DVDデッキ

テレビやDVDデッキなどは、振動や衝撃が故障の原因につながるため、引越し業者が梱包を行ってくれる場合がほとんどです。
運送後の設置をスムーズにするために、配線の種類や差込口がわかるように、ビニールテープなどで目印をつけておくと便利です。

パソコン

テレビやDVDデッキと同様、引越し業者が梱包を行ってくれる場合が多いです。
万が一のために、データのバックアップを取っておくと移動も安心です

ポットやオーブントースターなどの小型家電

ダンボールに入るものはプチプチで包み、隙間に新聞紙などを詰め、中で動かないように固定します。
ダンボールに入らない家電は、当日に引越し業者が梱包して運んでくれるため、無理に梱包せずそのままにしておきましょう。

冷蔵庫

引越し前にコンセントを抜いて水抜きしてください。
コードは裏側にテープで固定しておきます。
中の食品は、引越し前日までに使いきるのが理想ですが、残ってしまった場合は、クーラーボックスや発泡スチロールを使って保冷してください。

洗濯機

冷蔵庫と同様に前日に水抜きをしておきましょう。
コードやアースは水気をしっかりと拭き取った洗濯機の中に入れておきます。

石油ストーブ

運搬時の火災事故を防ぐため、灯油は完全に抜いておきましょう。

まとめ

今回は、荷造りする際のポイントをまとめました。
荷造りのポイントを抑えることで、引越作業はグッと楽になります。
上記の点に気をつけて荷造りを行なってみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする