ワレモノや日用品の詰め方とは

荷造り前の食器

ワレモノや日用品の詰め方

割れやすい食器や日用品の詰め方についてみていきましょう。

ワレモノは特に注意!

ワレモノは特に注意しましょう。
割れ物と割れ物が直接当たると、割れる可能性がとても高くなります。
面倒とは思いますが、1つずつ紙で包み、ダンボールの底にはクッション代わりの新聞紙やプチプチのような緩衝材を敷きましょう。

食器やグラスの詰め方

食器は、先ほどの割れ物の項目で書いた通り、一枚ずつ丁寧に新聞紙で包みます。
お皿は必ず立てて箱に詰めるようにしましょう。
グラスは足が割れやすいので、グラスの飲み口と同じくらいの太さになるように緩衝材でぐるぐる巻きにすれば安心です。
高価なグラスは、ガラスが薄くて割れやすくなります。
食器の入ったダンボールには「ワレモノ」と必ず書き、荷物を運ぶ人にわかるようにしましょう。

洋服のシワにならない詰め方

今はほとんどの引越し屋さんで「ハンガーボックス」という便利なものがあります。
箱の中にパイプがついていて、そこにハンガーごと服がかけられるという優れものです。
これを借りることで、服にシワがつくことがなくなりました。
引越しやさんに見積もりを取る時は必ずこのハンガーボックスがあるかどうかを確認しましょう。

布団や毛布は圧縮袋が便利

布団や毛布は、軽い順に積み重ねます。
布団を緩衝材の変わりにして中に食器などのワレモノを入れる方もいますが、危険なので絶対にやめましょう。
最近はスーパーでも布団圧縮袋が売ってあるので、それを使用するのがオススメです。

スプーンや箸、鍋などの詰め方

スプーンやフォーク、箸などは輪ゴムで束ねてひとまとめにしましょう。
新居でもすぐに使うものなので、しまったダンボールが見つかりやすいようにマジックに書いておくと便利です。
鍋は、大きいものから順番に入れて、入れ子状にするとスペースが少なくなります。

包丁や刃物などの安全な詰め方

包丁はそのままだと大変危険なので、刃の部分はダンボールなどでしっかりと固定します。
落としても大丈夫なように、大きめのダンボールで刃を保護するようにしましょう。

中身の入ったびん類の詰め方

中身の入ったびんは、必ず蓋が閉まっているかを確認し、横にならないようにダンボールに入れていきましょう。
蓋が緩いものなどは、ジップロックに入れておくと万が一の時にも安心です。

本の詰め方

本は詰めていくと意外と重たいので、なるべく小さいサイズのダンボールにするのがポイントです。
オススメは「ペットボトルの入っていたダンボール」です。
取手もついていて、ダンボールも丈夫なので本を入れるのにうってつけです。

コンポなどのオーディオ類の詰め方

オーディオ機器は衝撃に弱いので、できれば購入した時の箱に入れるのが一番です。
箱がない場合はプチプチなどの緩衝材に包んでダンボールにしまいましょう。
ダンボールに入れる場合は「コワレモノ」の表記を忘れずに記入し、運ぶ人に伝えましょう。

神棚や仏壇の場合

位牌やご本尊など魂が入っているものは、風呂敷などに包んで持ち歩くのが通常です。
間違ってもダンボールに入れないようにしましょう。
仏具は丁寧に梱包して箱に詰めてください。
神棚は割と多くの人が新居では新しい神棚を飾るようです。
今まであった神棚は神社に納めてお焚き上げをしてもらいましょう。

観葉植物の詰め方

植物は生き物なので、手荒な運び方はやめましょう。
植木タイプの場合は、鉢の部分を新聞紙で包み、葉っぱの部分は大きめのポリ袋をかぶせます。
枯れないように栄養剤や水を含んだ新聞紙などを入れておくとなお良いです。

石油ストーブ

石油ストーブで使う灯油はそのままだと危険物扱いになるので輸送できません。
カセットタンクは必ず中身をからにしておいてください。
乾電池を外して、安全第一で運ぶようにしましょう。

まとめ

割れやすい食器や日用品の詰め方をご紹介しました。
それぞれにポイントがあり、知らないと間違えてい、取り返しのつかないことになる場合もあるので、それぞれの詰めかたを確認して荷造りの際に活用していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする